これ以上悪くならないために

今からでもできる?子どもの視力低下予防と治療法

目を守って生活を送ろう

長く電子機器を使っていることが原因で、どんどん視力が低下してしまいます。 使用させること自体は悪いことではないので、時間を決めてください。 子供にしっかりルールを守らせることで、視力の低下を予防できます。 予防することの大切さを、子供に教えましょう。

長時間使わないこと

暗い場所でテレビを見たり、スマートフォンやパソコンを長時間使っていると目が悪くなってしまいます。
子供でも視力が低下している人が増えているので、日頃から気をつけなければいけません。
まず、それらの電子機器を使いすぎないことが重要です。
時間を決めて使わせてください。
また使用する際は、距離を離れさせてください。
テレビは2メートルほど、スマートフォンは最低でも30センチは離さなければいけません。

疲れたと感じたら、目を休めることも重要です。
すると回復するので、視力の低下を予防できます。
遠くの景色を見つけるだけでも、疲れを回復させられます。
眼球体操をするのも良い方法です。
顔を動かさないようにして、上を見たり下を見たり、今度は左右を見たりする運動になります。
眼球体操をすることで、目に与えられている負担を軽減させられます。
子供でもできますし、場所も取らないので自宅や学校などで実践させてください。

治療する場合は、メガネやコンタクトレンズなどの矯正器具を使うことが多いです。
子供の視力に、合っているものを選択してください。
しかしかなり視力が低下すると、メガネのレンズが分厚くなってしまいます。
すると重くなって、メガネをかけていることが負担になるかもしれません。
事情があってメガネをかけられない、コンタクトレンズも使用できないという場合は手術することがあります。
手術のメリットや、リスクなども聞いて判断してください。

おすすめリンク

痩身クリニックはどれくらい通うべき?

痩身クリニックは継続がコツ!結果を実感するために、どれくらいの期間通うべきかチェック!

性病の治療にはいくらかかるのか

性病の治療費はいくらなのでしょうか。種類ごとに、必要になる薬などもご紹介します。

アリスタージュ経堂の評判は?

アリスタージュ経堂の本当の評判をココでこっそりお話ししますので、要チェックですよ!

画面に近寄りすぎない

電子機器を見る時に、画面に近いことが原因で視力が低下します。 それぞれの電子機器に、適切な距離があるので守らせてください。 目が疲れたらすぐに休むことや、定期的に眼球体操をすることを子供に徹底させましょう。 日頃から意識するだけでも、視力の低下を防げます。

矯正器具を使うことになる

視力が低下している時は、裸眼で過ごすことはできません。 周囲の様子が見えないので、事故に繋がる恐れがあります。 しっかり矯正器具を使わせてください。 事情があって使えない場合は、手術をします。 しかしリスクも大きいので、矯正器具を使った方が良いかもしれません。

Topへ戻る